<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 26日

事業報告書の表紙周りのデザイン(1994〜)−1−

日立クレジット(現日立キャピタル)では、株主への重要なツールである事業報告書の中身とそのデザインを見直す中で、裏面に障害者アートバンク(現アートビリティ)の登録作品を「NOVA Gallery」というネーミングで紹介することになり、1994年の第37期事業報告書から始まった。さて、肝心の作家の選考であるが、やはりこの企画の第一弾に相応しい作家として、太田利三さんを選んだ。で、太田さんの沢山の登録作品の中から選ばれたのが「鳩」である。

e0031863_23121564.jpg
表紙周りの地色に格調性を重視して薄いグレーを採用したが、あまりにも地味すぎると言うことで変更になった。

e0031863_23181839.jpg
当初の企画では障害者アートバンク大賞受賞作家で、一人の作家で2回ずつ作品を紹介することになっていて、太田さんの次の作品が「星の王子」。結局、背景も白に落ち着いた。本来なら中間・本決算で一人の作家の作品としたかったのだが、始まったのが本決算からだったので致し方ない。

e0031863_23242395.jpg
次に選んだ作家が小池誠さん。第38期事業報告書では小池さんの「室内」を使用した。

e0031863_2326579.jpg
第39期中間事業報告書では小池さんの「生命の声」が選ばれた。

e0031863_23311446.jpg
第39期事業報告書では夢村さんの「あじさいとオタマジャクシ」を使用。

e0031863_2333059.jpg
第40期中間事業報告書では同じく夢村さんの「もみじ」。

e0031863_23345940.jpg
第40期事業報告書の「NOVA Gallery」には西垣豊さんの「ひまわりと歌うふくろう」が登場。

e0031863_23375581.jpg
第41期中間事業報告書では同じく西垣さんの「熱帯魚は宝の冒険」を使用した。
このあと、さらに形状も含めてリニューアルが行われたが、それはまた次の機会にご紹介する。
[PR]

by LunaSmileDesign | 2005-11-26 23:43 | 企業の販促物
2005年 11月 22日

第17回 アートビリティ大賞

2005年11月18日(金) 日本財団ビルにて「第17回 アートビリティ大賞」の表彰式が行われた。私はアートビリティ(旧称障害者アートバンク)の作品登録の審査委員を15年近くやっている関係で「アートビリティ大賞」の選考委員も引き受けているわけである。
さて今回はその模様を少し紹介します。

e0031863_2102756.jpg
アートビリティ大賞の新人賞とも言うべき「アサヒビール奨励賞」は田中瑞木(みずき)さん。
e0031863_2164351.jpg
大きなキャンバスにイマジネーション溢れる大胆なタッチと色彩で描かれた動物や花や人物がユニークで力強く素晴らしい!(銀座・芝山画廊における「第17回アートビリティ大賞作家展」より)

e0031863_21103832.jpg
アートビリティとの長い関わりの中で独自の路線を歩むアーティストに贈られる「日立キャピタル特別賞」はまちだけいこさん。
e0031863_21132537.jpg
まちださんの想像の花。大胆でしかも繊細なタッチで描かれた油絵の作品たち。(銀座・芝山画廊における「第17回アートビリティ大賞作家展」より)
e0031863_2116446.jpg
同じくまちださんの作品で、油絵とは対局にある繊細に描き込まれた色鉛筆の作品群。(銀座・芝山画廊における「第17回アートビリティ大賞作家展」より)

e0031863_2121876.jpg
そして今回の「アートビリティ大賞」の大賞受賞者は野村育葉さん。
e0031863_21231569.jpg
育葉さんのエスプリの利いたユニークでモダンな画風は彼女独自の世界で、私は彼女の初登録の頃からの密かな大ファンなのであった。(銀座・芝山画廊における「第17回アートビリティ大賞作家展」より)

さて、「日立キャピタル特別賞」については日立キャピタルが私のクライアントであることから、これから1年間、まちだけいこさんの絵との楽しいおつきあいが待っているはずである。
その第一弾として、できたてのホヤホヤ、2006年の日立キャピタルの吊り下げカレンダーを紹介しておきます。
e0031863_21325489.jpg
油絵の具で描かれた「希望の花」を、来年に希望を託して使用した。
なお、今回紹介した絵について関心のある方はこのブログの右上のリンク集からアートビリティのホームページのギャラリーへお出かけください。
[PR]

by LunaSmileDesign | 2005-11-22 21:42 | アートビリティ
2005年 11月 01日

A等級パンフレットの表紙デザイン(1994年〜)

1994年以降、日立クレジット(現日立キャピタル)における障害者アートバンク(現アートビリティ)の絵の使用頻度が高くなってきた。特に日立クレジットでは販促ツールへの展開が中心であり、不特定多数の人の目に触れる機会が多くなることに大きな意味があったように思う。

e0031863_19171362.jpg
これは官公庁・地方自治体・公共団体に向けたパンフレット。使用した絵は上原貴仁さんの「HANA-A」。花をモチーフにしたダイナミックな油絵がアイキャッチャーとして相応しいと思い使用した。

e0031863_19254777.jpg
改訂版の表紙デザインということで、花のテーマを踏襲することにして、夢村さんの「花マンダラ」を使ってみた。

e0031863_19291481.jpg
次に使用したのが能田京子さんの「花」。

e0031863_1933589.jpg
これが一番最近のパンフレット。日立キャピタルに社名を変更したのを機会に表紙のデザインを刷新した。秦美紀子さんの「花風の日」を使用。

これ以外にもいくつかの表紙デザインがあったと記憶しているが、手元に資料がないので紹介できないのが残念である。
[PR]

by LunaSmileDesign | 2005-11-01 19:40 | 企業の販促物