アートのちカラ、デザインのちカラ

abaid.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:本の装丁・レイアウト( 3 )


2007年 06月 07日

田辺綾子画集「ある日のこと」

久しぶりの更新です。このブログで色々やりたいという思いと、実際何をやるべきかということがなかなか上手く自分の中でリンクしません。ま、あまり上段に構えるのではなく、できることを末永くと自分に言い聞かせている今日この頃ではあります。というスタンスで、これからもよろしかったらお付き合いください。

さて、去年の「第18回アートビリティ大賞日立キャピタル特別賞」を受賞した田辺綾子さんへの日立キャピタルからの副賞として、田辺さんの画集を制作して贈ることになり、私がその編集デザインを引き受けました。そのできあがった画集を今回は紹介します。
全ページをアップしますのでデスクトップ画集として田辺綾子ワールドをおたのしみください。


e0031863_9284449.jpg
画集の表紙です。以前紹介した平山こうたさんの画集と同じシステムを使って制作しました。仕様も同じです。

e0031863_9321295.jpg
トビラです。表紙で使った線画の「電車ごっこ」と同じテーマで彩色された絵をここでは使っています。




本編です。おたのしみください。

e0031863_939574.jpg


e0031863_9393167.jpg


e0031863_9394730.jpg


e0031863_940791.jpg


e0031863_9402823.jpg


e0031863_9405099.jpg


e0031863_9411490.jpg


e0031863_9413671.jpg


e0031863_9415713.jpg


e0031863_9421580.jpg


e0031863_9423280.jpg


e0031863_9424931.jpg


e0031863_943966.jpg


e0031863_9432751.jpg


e0031863_9453825.jpg


e0031863_94610100.jpg


e0031863_9462639.jpg


e0031863_9464289.jpg


e0031863_9465819.jpg


e0031863_9471547.jpg


e0031863_9512071.jpg

ということで、おたのしみ頂けたでしょうか?
[PR]

by LunaSmileDesign | 2007-06-07 09:52 | 本の装丁・レイアウト
2007年 03月 04日

「察しなさい─平山こうた画集」

3月1日放送のNHK総合テレビ 「こんにちはいっと6けん」では、登録作家の取材を通してアートビリティのことがわかりやすく紹介されたように思う。あの短い時間でよくまとめてあった。実を言えば審査風景の取材の中で、アートビリティのシステムとか意義とかをかなり熱く、多くを語ったのだが、しっかり割愛されていた。ま、よくある話ですが・・・。
ところで、放送終了後、アートビリティには問い合わせが殺到したようだ。やはりテレビは侮れない!
取材に振り回されたりもしたが、これを機会にまた新しい才能と出逢えれば御の字である。

さて、『平山こうた』のまとめという意味で去年のアートビリティ大賞受賞の副賞だった画集を紹介する。

e0031863_16561691.jpg

仕様は210×210mm、40頁、ソフトカバー、ケース付き。

e0031863_1658498.jpg

タイトルは中を見れば解るので、それこそ「察しなさい」。
そしてやっぱり表紙に相応しい絵は、“鍵穴のネコ”に決まっている!?

e0031863_172266.jpg

扉もお気に入りのネコで・・・

e0031863_1725994.jpg


e0031863_1732336.jpg


e0031863_1791174.jpg

タイトルはこの絵から、意味は?・・・察しなさい!

e0031863_17104918.jpg


e0031863_17111570.jpg

“夜のバス”から連想するのは、宮崎駿?、西岸良平?、それとも井上陽水?

e0031863_17154688.jpg


と言うことで、平山こうたワールドをこれからもよろしく!応援してください。
[PR]

by LunaSmileDesign | 2007-03-04 17:18 | 本の装丁・レイアウト
2007年 01月 11日

夢村画集

去年は何冊かの本の装丁・レイアウトに関わることができた。デジタルが主流になってきた今日、アナログである本もまたデジタルの力なしには成り立たなくなっている。
今回紹介する『夢村画集』もインターネットのサイトを通して、1冊から画集や写真集を発注できるオン・デマンド・サービスを利用して制作した。
ことの発端は2004年、アートビリティの登録作家である夢村さんが結婚し、そのお祝いに画集を贈ってはと、夢村さんと共通の友人であるTくんの発案で、彼が資金を出し私が装丁・レイアウトを引き受けると言うことで計画されたものだった。が、私の怠惰な性格からそのままほったらかしになっていたのを、昨年11月、アートビリティ大賞の授賞式に出席するために夢村さんが久しぶりに上京するというので、この機会に今度こそ画集を贈ろうと一大決心し、2週間ほどで仕上げたのだった。
勿論夢村さんには事前には何も知らせていなかったので、Tくんが出来上がったばかりの画集を贈った時には大層喜んでくれたという。取り敢えず私としては約束が果たせて良かったと一安心したのだった。

仕様は
仕上がりサイズ:266×266mm
画像入り巻きカバー付きハードカバー
化粧箱付き
全80頁
と、なかなか豪華な画集が出来上がった。


e0031863_16342825.jpg
黒の化粧箱には『Muson Portfolio』と銀の箔押しで・・・。

e0031863_1638099.jpg
カバーと本の表紙は同じデザインになっている。

e0031863_16384924.jpg



そうして、本体の絵は以下のようなタイトルでカテゴライズしてレイアウトした。

e0031863_16515247.jpg


e0031863_1652823.jpg


e0031863_16522365.jpg


e0031863_16524750.jpg


e0031863_1653356.jpg

[PR]

by LunaSmileDesign | 2007-01-11 16:53 | 本の装丁・レイアウト